【R-1ぐらんぷり2019】大反省会より、ファイナリストの「敗者の弁」をまとめました。

R1グランプリのファイナリストのコメントまとめ

3月10日に放送された、
R-1グランプリ2019」。

今回は、昨年末のM-1チャンピオンでもある霜降り明星粗品が優勝!

インパクトのある結末で幕を閉じました。

勝者の陰には敗者のドラマがある。

……ということで、R-1ぐらんぷり直後にGYAOで配信された、
R-1ぐらんぷり延長線ファイナリスト大反省会」。

大会直後で疲れきったファイナリストたちを相手に、ケンドーコバヤシが本音を引き出していました。

彼らは何を語ったのでしょうか……。

惜しくも敗れた芸人たちの、印象的な言葉を集めてみました。
続きを読む →

映画『翔んで埼玉』感想。キャストにこだわった、全力の茶番劇。

映画「翔んで埼玉」を見てきました。

2月22日に公開されると、予想以上の動員数を叩き出し、いきなり週末興行ランキングの1位を獲得。


同日に公開された、ジェイムズ・キャメロン監督のアクション大作「アリータ バトル・エンジェル」を抑えてトップになるとは、埼玉県人も予想しなかったことでしょう。

かなり期待されていたことがランキングで明らかになりましたが、はたして内容はどうだったのか。

今回の記事では、話題作「翔んで埼玉」を
・謝罪
・美術
・キャスト
・構成
・茶番劇

という点にスポットを当てて語っていきます。

ネタバレ無しの感想と解説です。
続きを読む →

Midworksはフリーランスの働き方革命となるか? その、画期的な働き方を紹介。

Midworksの評判は?

IT系の人材が不足している、と言われてしばらく経った今。

企業でIT系の実務を重ねた後、フリーランスとして独立する人が増えているそうです。

プログラマやエンジニアは技能職なので、フリーランスでも高単価な収入が得られるのが魅力。

しかし正規雇用と違い、何かと不安定なのがフリーランスのデメリットでもあります。

そんな中で、フリーランスに正社員に近い待遇を与えようと、チャレンジしている会社があります。

転職エージェントの「Midworks」さんです。

今回は、Midworksさんが提案する、フリーランスと正社員の中間となるような、新しい働き方を紹介します。
続きを読む →

マイナビクリエイターの評判は? 面談を受けた人に感想を聞いてみた。

マイナビが運営する転職エージェント、
マイナビクリエイター」。

WEB業界とゲーム業界に特化した転職支援サービスということで、IT業界の中でもニッチな職種を取り扱っています。

マイナビクリエイターを通じて、WEBディレクターへの転職を目指したNさんから、実際の体験談を聞きました。
続きを読む →

「まんぷく」長谷川博己がアドリブに込めた、映画へのオマージュ。

2月22日放送の「あさイチ」。

プレミアムトークのゲストは、朝ドラ「まんぷく」に出演中の長谷川博己!

まんぷく撮影の裏話や、最新の出演作となる「半世界」の紹介など、盛りだくさんのトーク内容でした。

その中でも印象に残ったのが、まんぷくの撮影でのアドリブにまつわる話。

映画好きの長谷川博己は、自分の好きな映画のシーンをアドリブに込めていることがあるのだそうで……。

あさイチで長谷川博己が打ち明けた、映画愛あふれるアドリブを紹介します。
続きを読む →

【テクテクテクテク攻略】東京からフェリーで伊豆諸島へ。利島の100%ボーナスを獲ろう。

テクテクテクテク攻略(伊豆諸島)

位置情報スマホゲーム「テクテクテクテク」。

テレビCMの効果もあってか、ますます活気づいているようですね!

イベント限定で高須院長と戦えるのもテクテクテクテクならでは。

さて今回は、東京から伊豆諸島を「となりぬり」だけで塗る手順をご紹介します。

主な目的は、伊豆諸島にある「利島」の100%ボーナスです。

デイリーボーナスがたくさんもらえるので、東京・神奈川の方は利島を目指す価値があると思います。

フェリー航路を使って、伊豆諸島を塗っていきましょう。
続きを読む →

ロフトのバレンタイン広告を取り下げさせたのは、少数派クレーマーなのか?

ロフトのバレンタイン広告について

2月5日放送の日テレ系「スッキリ」で、ロフトのバレンタイン広告の一件が紹介されました。

賛否両論が沸き起こっている問題を、
テレビの情報バラエティが取り上げたわけですが、
その内容は少しモヤモヤしてしまうものでした。

「スッキリ」ではどのように紹介されたのか、振り返ります。

また、ロフトのバレンタイン広告について、実際にはどのような意見が寄せられていたのか。

問題の本質はどこにあったのか。

そちらも一緒に考えてみます。

記事中は敬称略。
続きを読む →