Midworksはフリーランスの働き方革命となるか? その、画期的な働き方を紹介。

Midworksの評判は?

IT系の人材が不足している、と言われてしばらく経った今。

企業でIT系の実務を重ねた後、フリーランスとして独立する人が増えているそうです。

プログラマやエンジニアは技能職なので、フリーランスでも高単価な収入が得られるのが魅力。

しかし正規雇用と違い、何かと不安定なのがフリーランスのデメリットでもあります。

そんな中で、フリーランスに正社員に近い待遇を与えようと、チャレンジしている会社があります。

転職エージェントの「Midworks」さんです。

今回は、Midworksさんが提案する、フリーランスと正社員の中間となるような、新しい働き方を紹介します。

フリーランスの2つの不安

フリーランスという働き方を選ぶと、みんな同じような不安を感じます。

仕事が安定して得られるか?

フリーランスは自分で仕事を獲得しなければいけません。
人脈を頼ったり、個人で営業したりと方法は様々です。
しかし、案件が決まる保証はありません……。

社会保障がない

保険や年金など、すべて自分の収入から用立てしなくてはいけません。
さらには、自分が働けなくなったら収入は即ストップです。

不安を解決するMidworks

まずはどんな会社か、ご紹介します。

Midworksは転職エージェントサービスです

Midworksさんは、IT系のフリーランスエンジニア、デザイナー(個人事業主)専門のエージェントサービスです。
フリーランスと企業との間に立ち、案件をマッチングしてくれます。

登録料・利用料は無料

実際に案件に参画するまでは、案件の検索や、担当者とのカウンセリングなど、すべて無料で利用できます。

Midworksさんが提案する「いいとこどり」

他社の転職エージェントサービスとの大きな違いが、
「フリーランスの自由さ」
「正社員の安定性」
を両立する働き方ができること。

ふたつの働き方のいいとこどり、とも言えます。

本当にそんなの可能なのか……と思いますが、ひとつひとつ見ていきましょう。

ITエンジニア向けの案件が豊富

中小企業だけでなく、有名大手企業の案件もあります。
個人では参画できないような様々な案件に触れられるので、参画のチャンスがぐっと増えます。
これは「正社員のいいところ」。

常駐案件を選べば長期安定も見込める

フリーランスのまま、常駐としての案件を選択することもできます。
契約期間の更新は相談次第なので、自分のキャリアに合った経験を得られます。
これは「いいとこどり」ですね。

案件受注期間は保険料半額

案件受注期間中は保険料の半額をMidworksさんが負担してくれます
実質的な労使折半、となっているのです。
また、社会保険、雇用保険、厚生年金に代わる商品を紹介もしてくれます。
これは「正社員のいいところ」。

保証内容は自由にカスタマイズ

保険の内容など、社会保障については自分で必要なものだけ選択できます。
これは「フリーランスのいいところ」ですね。

フリーランスとしての自由はそのまま

フレキシブルな勤務時間を希望すれば、定時出社の無い案件を選ぶこともできます。
これも「フリーランスのいいところ」です。

気になる手数料は?

案件を受注すると、Midworksさんに支払うマージンが発生します。
マージン率は実質10%~15%です。
保険料などが組み込まれての「実質15%」となっています。

業界最安値ではないけれどメリットもある

同じようなIT系の転職エージェントサービスで、もう少しマージン率が低いところもあります。
ただ、Midworksさんは保障関係が手厚いので、そのあたりを重要視した場合、決して高いマージンではないと思います。

案件の発注単価は公開される

クライアントからの発注単価は教えてもらえるので、マージンに対しての透明性があります。
クライアントがいくら出している案件なのかモヤモヤしなくて済むのは良いです。

登録はこちらから、無料です

現在は、
東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県
の案件を中心に取り扱っているとのことです。
今後も地方へ拡大していくといいですね。

1分で終わる、簡単な無料会員登録はこちらから

フリーランスを検討している段階でも登録OKです!



【midworks】に登録する!

こちらもおすすめ

フリーランスのための求人サービス、
「クラウドテック」も人気です!